秋も深まり、・・・とはいうものの、今日は妙にあったかいですが・・・プレテストのシーズンですね。
 イデアでは、毎年、土曜日の午前中の授業を、いろいろな学校のプレテスト実施日の公約数を意識して、なるべく、憂いなくテストを受けてもらえるように、プレテストの実施日には午前中の授業を入れない様に意識して日程を組んでいます。もちろん生徒個人個人にとっては100%にはならないでしょうが・・・それでもイデアとしてプレテストの受験を大事にしていることは伝わります。
 そんなプレテストですが、学校側の認識は大きく2つに分かれます。
1つ目は、まさに『プレ』テストなんだ。このテストの得点なり結果は本試験のテストの合否結果に影響を与えます!って場合と、2つ目、プレテストと本試験は別物で、何の影響も与えませんよ!というスタンス。この学校はどっちなんだという質問は、各塾のその筋の方にお尋ねください。イデアでは、塾長たるTNT自ら懇談でしゃべってしまいますが・・・
どっちにしてもいい結果が出るに越したことはありませんよね。もっとも『B判定で実入試は不合格かよ』とか『E判定なのに実入試は合格かよ』なんて学校もありますので、一概には言えませんが・・・
<なお、上記内容は、私立中学校長会等の公式見解ではありません。あくまで市井のいち塾屋の感想です。>