TNTの授業中において、生徒曰く
「間違ってるかもしれへんけど、・・・答えは〇〇です。」
 さて、TNT、この発言が出ると、
「間違っていると思うんやったら、しゃべんな!」
と手厳しく叱ります。TNTの感情が入りますので、もう指導ではないのかもしれません。なぜならTNT、上記の発言が大っ嫌いだからです!
 生徒の思いとしては、間違っていたら、はずかしいから、だとは思いますが、最初に「逃げ」の発言をして自分を守ろうとしていることが許せません。TNT、学習とは大いなる失敗の連続であるべきだと考えています。あるいは試行錯誤の連続であると・・・ゆえに、どんどんと失敗すればいいのです。わからないことがいっぱいあるから塾に来て勉強しているのですから・・・とはいうものの、思い付きでしゃべるのは・・・これも考えモノのなのですが・・・
 失敗を恐れていては、何事も前に進みません。失敗したら失敗したで、その時ベストな対処方法を考えてこうじればいいのです。
「間違ってるかもしれへんけど・・・」イデアでは禁句です。
H女子曰く
「せんせ~、この話、前にもブログでアップしてはりますよ~」
TNT
「・・・」