先日、京都駅のエスカレーターで転倒してしまいました。
昨今エスカレーターでは止まりましょう、というのがマナーになりつつありますが、ホームに電車が来ていましたので、ついダッシュしていたわけです。どういう状況かなんてわかりませんよね。気づいたら、ひっくり返っていた というのが正直なところ。
幸い大きなけがはなく、鼻の根っこのところから出血があるだけでした。最初は、Oh!鼻血?と思いましたが、どうやら出血は鼻の付け根あたりからのようです。マスクは血だらけ。慌てて出したハンカチも血だらけでした。
それでも何とかホームに到着していた電車に滑り込むことはできました。しかし、火曜サスペンス劇場ばりの状態。ほかのお客さんに迷惑をかけるわけにもいかず、・・・早く・・・TNTの最寄り駅に到着しないかと気をもんでいました。・・・んん・・・これだけ出血しているのに、関わり合いをさけるかの如く誰も声をかけてきません。まあTNTが逆の立場であれば、くわばらくわばら・・・関わり合いをさけると思いますので、当然といえば当然です。
家に帰って、鼻の付け根にばんそうこうをはると。
・・・『俺、ボクサーみたい。』
奥様曰く『よっぱらって喧嘩したおっさんやで。』
みなさん、エスカレーターを走って上るなんてことは、絶対にやめましょう。