校長先生お話

割愛

2017中学入試結果について

・A日程:統一日AM、男子95名募集・女子45名募集で、追加合格男子23名・女子16名を含む、男子107名・女子60名が入学
・B日程:統一日2日目PM、男子85名募集・女子40名募集で、追加合格男子27名・女子16名を含む、男子72名・女子32名が入学
・男女別募集なので、合格最低点に男女差がある。A日程は、追加合格後でも男女の合格最低点に20点以上の開きがあります。<女子の方が圧倒的に賢いってこと>
在校生マップ:一昔前は京都からの男子も多かったが、近年は少なくなっていた。今年は京都からの女子が増加した。
<京都に、高槻レベルの、ちょっと背伸びしたら可能な女子の優秀層の受け皿があまりないことに影響しているのかもしれません。共学志向であれば、洛南の女子はハードルが高すぎるし、・・・で、手ごろな共学校の受け皿がないんですよね。>

2018中学入試について

参考:入試要項

・募集人数の変更
A日程:男子110名・女子55名 B日程:男子70名・女子35名
<本命受験となるA日程からの募集を増やしていますね。初日AMでもそこそこ優秀層が集まっていることの自信の表れでしょうね。>
・帰国生入試は廃止する
⇒英語選択入試を行う
・各教科で、思考力・判断力・表現力を問う問題を出題する
⇒算数は途中式が必要な問題を20%程度
・ほかの変更点はなし
<昨年度から実施しているWEB出願は好評とのこと>

教育内容について

・学校の使命:次代を担う人物を確かに育成する最優の進学校を目指す
⇒大学進学実績(受験教育)だけじゃないってことが言いたいようです。
・コース体制等については、イデア過去年度のレポートを参照してください。
・授業こそ学校の中心
⇒ごもっとも。
・ほかにも高大連携の話(大阪医科・薬科大学など)留学の話などありましたが、ここは基本的にご父母なり子供たちなりが判断されるところです。
校長先生曰く「1校2制度」つまり新中1と中2以上の在校生とは、学校文化が異なるってことがいいたいのでは? 昔の自由な高槻とは違うよ!ってことかな??