27日(水)お休みの日、ブログで宣言通り、山へと行ってきました。足底筋膜炎は気になりましたが、なるようになれ!とやけっぱちで、お山へレッツゴー。久しぶりという事でカメラのバッテリーはゼロ、さらには雪山装備のいくつかを忘れてしまいましたが、これも何とかなる! で強行に登ってきました。京都市内や滋賀県の平地の雪はほぼ解けていますが、山すそはまだまだ雪景色。登山口からいきなりアイゼン(スベリドメ)装着となりました。
なんせ半年ぶりのお山ですので、途中からしんどくなるわ、足も痛くなるわ、普段であれば、30分も登っていると自然にゾーンに入りハイカー・ハイになるのですが、この日は、ただただ寒いのとしんどいのと足が痛いのとで、無の境地に入れず・・・途中で引き返そうかとも考えましたが、何とか山頂までたどり着き、そそくさと昼ご飯を食べて帰還しました。
奥様の言ってた通り、山は強烈な寒さでした。そのせいか?頭痛がひどく、足を中心に体中も痛く、行かねー方が良かったかも??と。かように体はボロボロで散々な休み明けとなっていますが、精神的にはすっきりとした木曜日です。不思議なものですね。